放射性物質&重金属デトックスに【フルボンヌ(フルボ酸エキス)】店頭限定発売

2016年10月30日

残念ながら、日本が世界中の放射性物質のゴミ置き場になりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◾️経緯(いきさつ):
夢の放射能ゴミ捨て放題天国、ニッポン。
いつからこうなった??? 5日前です。
2016年4月28日正式決定。環境省大英断。
福島のこどもたちだけを被曝させてはいけない!!
「指定廃棄物
新処分ルール8000ベクレル以下で一般ごみ
毎日新聞2016年4月28日 12時23分(最終更新 4月28日 12時23分)
 環境省は28日、東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下に下がった場合は指定を解除し、一般ごみと同様の処分を認める新ルールを正式決定した。
」http://mainichi.jp/articles/20160428/k00/00e/040/236000c
日本、放射能物質、捨て放題、
廃炉の放射能ゴミ、9割は日本で処分。
ビッグビジネス。
「同社によると、廃棄物処理も含めた世界の廃炉市場は2030年までに2000億ドル(約22兆円)規模になるという。フレロ氏は市場の過半を占める日米仏英の4カ国を重要市場とし、低レベル放射性廃棄物の処理を中心に20年までに4億ドルの売上高をめざすとした。
 先進国では古い原発が寿命を迎え、多くの閉鎖・廃炉が見込まれる。原発の解体では使用済み核燃料から出る「高レベル放射性廃棄物」に加え、コンクリートや関連機器などの放射能レベルの低いごみも出る。【廃炉で出てくる低レベル放射性廃棄物は重量で全体の9割を超える。】
」http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM15H7E_V10C16A4FF1000/
【写真】原発の廃炉が世界的に増えてくるため、
需要は、旺盛である。放射能ゴミの9割が日本で処分可能。
(FB北川高嗣さんの記事を一部抜粋掲載させて頂いております)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな中でも、生まれてきたからには、なんとしても命を全うしなければ、いけないのが人間の使命です。
そこで、このたび、そうした放射性物質や重金属、あらゆる”社会毒”を輩出することができる「フルボ酸」エキスを、販売開始することになりました!
<フルボ酸については以下の記事をご参照ください>
http://matome.naver.jp/odai/2135323825238432101 
今回、取り扱いを始めた、フルボンヌ(フルボ酸エキス)は、生命にとって必要な栄養素であるミネラル、アミノ酸、ビタミン、糖質をバランスよく含んだ純天然の高分子有機酸です。
人間に対する高い安全性を持ちつつ、高い抗菌、抗ウィルス、抗酸化作用を兼ね備えています。ご飲食物(水、コーヒーお茶、ドレッシング、アルコールなど)と混ぜてお召し上がり下さい。
またローションとして、顔、からだ全体にもご使用いただけます。
とりあえず、店頭販売からスタートしますが、ニーズが高い場合は、追って、オンラインショップにて取扱いも開始いたします。
また、只今店頭にて、50mlのお試しミニサイズも販売中!
こちらなら、2、3回分、飲めるサイズで540円です。
数に限りがありますのでお早めに!
500ml ¥4320 / お試しミニサイズ50ml ¥540円