政府が報道しない放射能の現実と対応策

2014年1月28日

うちのお客様で、先日、「食品と暮らしの安全」冊子の小若編集長の講演会に行かれた方から、その報告をメールでいただきましたので、シェアしたいと思います。お子さんがいらっしゃる方や、これから出産したい女子は、政府が報道しない今の現実的な状況を知るうえでもぜひご参考になさって下さい。(ご本人からメール引用許可済)
「嶋さんへ。
 こんにちは。
 一昨日生活クラブ主催の小若先生の放射能学習会テーマは
 何を食べる?という講座を受けてきました。
 ちなみに坂戸市で開催され0.1Vでした。(冷汗)
 もう国が発表している放射線量は信用なりませんね(苦笑)
 
さて、小若さんはウクライナでの低線量汚染地域(原発から大体100キロ、 200キロ)の地域の住民の健康被害を調査し、健康被害を軽減するための 生活改善活動をウクライナのタチアナ女史と行ったとの話を
 データを元にお話してくださりました。
 大体0.12svくらいの都市(日本でいうとほぼ首都圏)での大まかな健康被害は 足(足首、ひざ、太もも等)の痛み、頭痛、のどの痛み、
 自律神経失調症、鼻血が出る、かぜをよくひきやすい、かぜでよく学校を休むなどです。 身体の不調がなしという人はいなかったそうです。
 この中には子供も含まれます。 非汚染地域での学校の先生の話によると、チェルノブイリでの事故前と後では 子供の健康状況は違うそうです。 皆がそうではなくても、特に弱く生まれてくる子が多いそうです。
 そこで小若さんが行ったことは、線量の低い地域へ1、2か月保養と
 食品の改善、ミネラルの補給を行ったそうです。
 まず保養するだけでもかなり効果があるみたいです。
 次に食品の改善ですが、これは線量の多いきのこ、ベリー、川魚を
 食べるのをやめ、汚染の低い物を食べるようにしたそうです。
 あと、ミネラルの補給。
 これはどうやら朗報です。
 小若さんは不調を訴える子供に煮干、ヤキアゴ、昆布の粉末を配り、
 それをとってもらったそうです。
 すると不調が改善した子供がいたそうです。
 酷い子は四体不動児で足がエックス脚で歩くのもままならない小学生
 の子供が歩けるようになったり、頭痛で眠れず学校にも通えなかった子供が 頭痛が治まり眠れるようになった子供もいたそうです。
 まさしく私はステビア!と思いました。要はカルシウムやカリウム、ミネラル補給なんですね。
 とにかく食事から放射能を少しでも抜く、そしてミネラルを補給これだけでも 健康改善されるそうです。
 小若氏曰く、日本人は放射能とつきあっていくしかないから何らかの
 健康異常対策をとる方向に向かっていくべきと言っていました。
 ちなみに去年の夏、長女の友達が夕方日の落ちた頃公園に
 来るたびに1週間連続鼻血が出ていたそうです。
 日の落ちた夕涼みの時間に1度や2度ならともかく、
 単なるのぼせで鼻血が出るのかな?と思っています。
 その子のお母さんとはよく会ったりするのですが、
 買い物かごを見れば納得です。
 安いシリアル、牛乳冷や汗ものでした。
 我が家の長女は夫の実家で不覚にも姑から福島産の桃が
 出されてしまい(冷汗)食べたらすぐに鼻血をだし、
 慌てて私はすぐに手元にあったフラワーエッセンスでとりあえず
 対処し、今のところ鼻血はでていません が、頭痛や足の痛みは訴えてきます。(たまにですが)
 食事にも気をつけていますが、ステビア、フラワーエッセンスを
 使用していてもこの状態なので、何も知らない人は恐ろしいですね。
 私はまさしくステビアが救世主になるのは間違いないと思っています。
 そして、夫は放射能とは関係なく関東には長く住みたくない
 と言っているのでいずれ脱出すると思います。
 
 長々と書きましたが、読んでくださりどうも有難うございました。」
<ステビア>非常に多様な抗酸化物質が活性酸素を除去
★【ORIVIS ステビア】「ハピネス タブレット」 
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000017
★【ORIVIS ステビア】「フォーチュン ジュース」
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000018
★【ORIVIS ステビア】「フリーマ ナノテク化粧ジェル」
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000019