子宮を守るステビア

2013年11月10日

地球と子宮は相関関係。
地球環境が汚染されるという事は、子宮も汚染されるということ。
現在、東京都中央区の産婦人科母子手帳には、妊婦の魚介類摂取に対する制限が書かれているそうです。食物連鎖の底辺の魚介類は、ダイオキシン含有量が高いからだそうです。
つまり、ダイオキシンを含んだ魚介類摂取は、妊婦さん のみならず赤ちゃんにも悪影響があると懸念されるからなのです。
ダイオキシンとは、
ビニールやプラスチックを処理した焼却灰が海に流れて、その影響を受けた主に魚介類を体内に摂取することにより、 体内に蓄積されてしまう科学物質。
ダイオキシンはサリンの10倍、青酸カリの1000倍の毒性があり、 毒性の半減に7年~10年以上かかるといわれています。
現在日本は、ダイオキシンの排出量が世界1であり、 血液や母乳に含まれるダイオキシン濃度が世界1ともいわれます。 (1999年大阪医科大学産婦人科チーム調べ)
それらは主に生殖器や脳、胸などの脂肪に蓄積されることから、 最近増加している女性疾患の原因とも考えられています。
(もちろん、化学ナプキンにもダイオキシンが含まれていますので、会陰から子宮へと吸収されてしまっています!ですから、今すぐ布ナプキンを使用しましょう!)
しかし、「ステビア」のすごいところは、
1998年住友科学分析センターの調べで、ステビアは、焼却灰のダイオキシンを24時間で96%分解すると いうことがわかりました。(日刊工業新聞 1998年8月5日付)
ですので、私自身も、ステビアエキスのジュースを飲んだ次の生理の終わりが、いつも以上にさくっと終了し、おりものすらも一滴も出ないことに感動しました!
(もともとすでにノーナプですが、さらにノーナプ度が進化することができました)
ダイオキシンは、その他、空気中や食べ物などからも間接的に体内に入ってきていることが考えられますので、子宮をもつすべての女性は、放射能はもちろんのこと、あらゆる有害物質から、自分の子宮を守る必要があります。
自分の子宮の汚染は、地球の汚染にもなります。
これから、さらに不妊、流産、奇形児率が増加してきますので、健康な子供を産みたいのなら、今すぐ、自分自身の子宮を大切にケアすること。
自分の子宮をケアできないメスオンナは、子供産む以前の問題です。
まずは、小宇宙である自分の子宮を愛してあげてくださいね。
★【ORIVIS ステビア】「ハピネス タブレット」 
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000017
★【ORIVIS ステビア】「フォーチュン ジュース」
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000018
★【ORIVIS ステビア】「フリーマ ナノテク化粧ジェル」
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=5000019