2013年旧暦元旦からいよいよホントに始まる魂の使命

2013年2月10日

旧暦元旦あけましておめでとうございます!
しかも、今日は新月ですから、はじまりのはじまりの日ということ。
旧暦大みそかの夜は、「311復興支援コンサート こころにつばさを」でラストの曲「ふるさと」を皆で合唱して終わりました。
この曲の3番目の歌詞は、実は結構スピリチュアルな歌詞でもあったりします。
「志を果たして いつの日にか 帰らん
山はあおきふるさと 水は清き ふるさと」
言い換えれば、”魂の使命を地球で果たして、いつか故郷の星に帰ろう。緑が沢山あり、水が済んでいる故郷の星へ」とも読み取れるかもしれません。
もちろん、今の地球がそのまま魂の故郷である人もいるでしょうし、宇宙の他の惑星が故郷である人もいます。
ちなみに、私は、先日のトーキングサークルで、自分の人生の副題を付ける、というお題がでたのですが、「さすらいのアセンションワンダラー」(笑)と名付けました。
私の故郷は、残念ながら地球ではありませんが(苦笑)、この惑星のアセンションを果たしたら、また別の宇宙のアセンション支援要員として派遣されるようです。もちろん、そこが終わったらまた別の宇宙のアセンション要員へ・・。
ということで、アセンション期間限定派遣社員のようなものです(笑)。
ですから、今回の転生で地球はラストになります。
なので、何も荷物は残さず、執着せず、時期が来たら・・ということになりそうです。
エネルギー的には、もしかしたら今日から、本番の立て直しが始まるのかもしれません。
ここからがアセンション要員の腕の見せ所(笑)。
私は、今回は、意識の変容担当部隊ですから、フラワーエッセンスやその他のツールを総動員して、3次元の青写真である5次元の意識領域から、人の意識の根本的な立て直しを図っていきたいと思います。
ということで、旧暦元旦のお仕事は、初心に戻って「世界のフラワーエッセンス体験WS」&「アルケミーエッセンスDAY」からスタート。
やっぱり私はエッセンスから始まり、エッセンスで終わるのでしょうね★
<世界のフラワーエッセンス体験WSの詳細はこちら>